ゴシック調の曲のつくりかた

作曲
この記事は約3分で読めます。

ゴシック調の曲のつくりかた

ゴシック調(ダークな雰囲気)の曲を作るのって、難しいですよね〜

以前、ゴシック調の曲を作る機会があったのですが、作り方というのが、どこを探しても無く、苦労しました…

ちなみにゴシックというのは、ゴート人風という意味で、中世のヨーロッパの建築様式です。カトリックの教会で、多く使われています。
その後、近世近代イギリスでゴシック様式が再燃焼し、ゴシックリバイバル様式の建築が沢山作られました。ハリーポッターに出てくる建物とかがそれです。
ゴシック風の邸宅等を舞台にしたホラー小説が当時のイギリス流行し、ゴシックと言うと、現在では暗い、退廃的といったものが連想されるようになりました。
つまり、ここで言うゴシックというのも、中世ではなくそういったものを指すことになります。

では、どうやって作ったのかというと、既存の曲を色々と聞いて、自分なりに分析し、作りました。

それでは、その作り方をご紹介します。

楽器は何を使う?

まず、楽器ですが、雰囲気はクラシックなものが多いので、ピアノや弦楽器等を使うのが良いと思います。

とくに、鉄琴やグロッケンを使うと雰囲気を出すことができます。

吹奏楽器はフルート、クラリネットなどは良いのですが、吹奏楽でよく使われるトランペット等の単体で大きな音が出る楽器は良くないです。

クラシックな感じと言っても、シンセ、クラシックギター等の楽器は違和感なく入れることができます。

やはり、あまり表に出ないような楽器の方が相性が良いようです。

曲調は?

ゴシック調の曲には半音移動が多く使われています

ただ、とにかく入れれば良いのかというと、そうではなく、通常の曲調の曲に半音変化を入れるだけでも成立します

なので、一旦曲を作った後、一部の全音を半音に変えるだけでも暗い感じの曲を作ることができます。

ただ、半音変化が多いほど、暗い、ダークな雰囲気を出すことができますね

連続で半音を入れるとそれっぽく聞こえるので、ぜひ試しに演奏してみて下さい。

テンポはどのテンポでも大丈夫です。そこは作曲者さん次第ですね。

ゆっくりな曲の方が多いと思いますが、早いテンポの曲もあるので、どちらでも上手く作ることが出来ます

最後に

以上がゴシック調(ダークな雰囲気)の曲の作り方です。

その特徴というものは、とても少ないので、割とすぐに作れるようになると思います。

ちょっと注意してほしいのですが、今回紹介したのは、ゴシック風音楽の作り方であって、バロック風ではないので、そこはご理解お願いします。
(結構こんがらがる人が多いです)

なので、ぜひ、実際に作って見てください!

作曲
シェアして頂き、ありがとうございます
ルーンをフォロー
ルーン

とある国立大生
多趣味な存在です。
記事へコメント、反論、シェア、ご要望等、大歓迎です。
ぜひ、TwitterやSoundCloudのフォローもよろしくお願いします。

ルーンをフォロー
人形の書架

コメント

タイトルとURLをコピーしました