【はじめから学ぶドイツ語】その2 アルファベットと発音

ドイツ語
この記事は約5分で読めます。

今回がドイツ語の講座の2回目です。
はじめから学ぶドイツ語その1を見ていない方はこちら

アルファベット

こちらがドイツ語のアルファベット一覧です。

A a アー N n エン Ä ä エー
B b ベー O o オー Ü ü ユー
C c ツェー P p ペー Ö ö エー
D d デー Q q クー ß エスツェット
E e エー R r エル
F f エフ S s エス
G g ゲー T t テー
H h ハー U u ウー
I i イー V v ファオ
J j ヨット W w ヴェー
K k カー X x イックス
L l エル Y ユプスィロン
M m エム Z ツェット

注意すべき発音

まず、注意すべき発音を紹介します。

発音でいうと、ドイツ語のJは英語のyとほぼ同じ、
ドイツ語のVは英語のFとほぼ同じで、
ドイツ語のWは英語のVとほぼ同じです。

ドイツ語のRの発音は巻き舌をします
巻き舌とは、上あごに軽く舌を当て、空気で振動させることです。
英語のRの発音のエゥではなく、エㇽㇽゥみたいな感じです

ウムラウト、エスツェット

そして、気になるのは一番右の部分ですね。

Ä ä エー
Ü ü ユー
Ö ö エー
ß エスツェット

上に点々がついている文字はウムラウトと呼びます。
発音は簡単です。
口を「ウ」のかたちにしながら、それぞれA、U、Oの発音をするだけです。
口を突き出して発音をする感じです。

そして残った、ベータのようなの形をしたものはエスツェットと言います。
発音は、英語のSと同じです。
細かい話もありますが、ドイツ語のSとßは、簡単に言えば日本語で言う「お」と「を」見たいな関係だと思ってください。
前の母音が短いときはss、それ以外はßと書きます。
また、ßを入力出来ないときは、ssと入力するそうです。

このアルファベット一覧はそんなに覚えなくて大丈夫です。

実際に単語をどう発音するか、が重要なことですから。

さっと何回か発音したら、読み進めてください。

単語の読み方

その1でもお話した通り、単語を読む際は、基本的にローマ字の発音と同じです。
例えば、Uはウという発音で、英語みたいにアという発音になったりはしません。

その点においては、とても読みやすい言語です。

しかし、例外や注意すべきもの存在します。
それを紹介していきます。結構量があります。

これは今後必要なものなので、必要に応じてメモを取ることをおすすめします。

前提として、母音はアイウエオの発音、子音はそれ以外の発音と考えてください。

アクセントは基本的に第一音節にあります。

母音の後ろのH

通常、hは発音しますが、母音の後ろに来た場合、発音されません。

例 Kuh クー 牝牛

二つ重なった母音

aaとかooといった二つ重なった母音は、母音をそのまま伸ばします。

例 Tee テー お茶

ウムラウトの長さ

ウムラウトは、その後ろに子音が1個くれば伸ばし、2個連続でくれば短く発音します。

例 Kälte ケルテ 寒さ

Träne トレーネ 涙

ie

イーと伸ばします。

例 Liebe リーベ 愛

ei

こちらはエイではなくアイと発音します。
上のと紛らわしいので、自分なりに感覚をつかんでください。

例 bleiben ブライベン とどまる

euとäu

こちらもどちらもエウではなく、オイと発音します。

例 heute ホイテ 今日

chの母音

直前にくる母音がそれぞれa、u、o、auの時、

chの発音がハ、フ、ホ、ホになります。

例 Buch ブッフ 本

Dach ダッハ 屋根

母音の前のs

もともとsは無性音「ス」ですが、母音の前にsがくれば、有声音「ズ」になります。

例 singen ズィンゲン 歌う

schとtsch

schはシュ、tschはチュと発音します。
それぞれ英語でいうとsh と chに対応しています。

例 Schule シューレ 学校

Deutsch ドイチュ ドイツ語

最初のspとst

最初にspかstがくればsがシュという発音になります。

例 sprechen シュプレッヒェン 話す

stehen シュテーエン 立っている

最後のb、d、g

b、d、gが最後に有る時には、無性音になります。

例 Kind キント 子供

Tag ターク 日

最後のig

最後にigがくればイヒと発音します。

例 Honig ホーニヒ 蜜

最後にrとer

最後にrとerがくれば、アーと発音します。

例 Vater ファーター 父

pf

pfは下唇を軽く噛み、一気にぷっと音を出すように発音します。
プフではありません。
普段使わない発音なので、少し難しい発音です。

ここでは、カタカナではpの発音で表記します。

例 Apfel アッペル りんご

xとchs

どちらもクスと発音します。

例 Taxi タクシー タクシー

sechs ゼックス 6

z、ts、tz、ds

z、ts、tz、dsはすべてツと発音します。

例 Katze カッツェ 猫

最後に

お疲れさまでした。
結構発音の規則は多いですね。

これらは感覚的に覚えてください。
頭でわかってても、いざ単語に出くわして時には読めません。

それほど難しいものではないので、例の単語を見て発音する、というのを定期的に繰り返してください。
そうすれば、すぐに覚えられます。

また、今後進んでいく内に発音が分からなくなったら、このページを開いて、確認をしてください。

次から、いよいよ文法に入っていきます。

コメント

  1. BUAS より:

    Hello. I’m BUAS. Your blog is very good.

タイトルとURLをコピーしました